耽溺~Tan-deki~

講談社学術文庫 アリストテレス

今道友信
  • まえがき
I.アリストテレスの思想
序.私とアリストテレス
1.思想史上のアリストテレス
2.日本とアリストテレス
1.明治以前のアリストテレス
2.西周とアリストテレス
3.明治以降のアリストテレス
4.現代日本とアリストテレス
3.アリストテレス著作の諸問題
はじめに
1.資料の問題
2.草稿の運命
4.アリストテレスの学問について
II.アリストテレスの生涯
はじめに――生涯の概略
1.第一期――生いたち
2.第二期――アカデメイア時代
3.第三期――遍歴時代
4.第四期――アテナイへの復帰
III.アリストテレスの著作と学問
1.初期対話篇
1.初期対話篇の存在とその性格
2.『哲学について』
3.『哲学の勧め』
2.論理学
1.アリストテレス論理学の特質
2.『カテゴリー論』
3.『命題論』
4.『分析論』
5.『トピカ』
3.自然学
1.アリストテレス自然学の特色
2.天体について
3.動物について
4.霊魂について
4.形而上学
1.『形而上学』の構成と成立過程
2.イデア論批判
3.知識論
4.存在論
5.アリストテレスの存在論の意義
6.神学
5.倫理学
1.倫理学の大体
2.『ニコマコス倫理学』の成立年代決定についての一つの寄与
3.人の生き方
4.古書七行考という論文について
5.古書七行考――『大倫理学』第一巻第二十章1191
a.30-36に対する註と解釈
6.政治学
7.詩学
IV.アリストテレスの影響
はじめに
1.倫理学における論理
2.詩学の影響
  • 学術文庫版へのあとがき
  • アリストテレス年表
  • 文献
  • 索引