ジャンヌの容貌とヴェロネーゼの緑

モーパッサンは『女の一生』の冒頭で
ヒロインのジャンヌの容貌を
次のように表現してる

ヴェロネエズの肖像画を思わせた。

ヴェロネエズはヴェロネーゼ(Veronese)だ

北イタリアのヴェローナ出身故に
ヴェロネーゼと称されるも
本名はPaolo Caliariで
ヴィンチ村出身のレオナルドが
ダ・ヴィンチと呼ばれてるが如くである

ヴェロネーゼの作品と言えば
有名ドコロは『カナの婚礼』とか・・・

自分が好きな『レダと白鳥』とか・・・

しかしヴェロネーゼの肖像画となると
生憎、印象に残ってるモノがナイ

ググってみると・・・この辺りだろうか???

これはヴェネチア女性の肖像なので
恐らく豪商の奥方と見た

フランス貴族の嫁入り前のジャンヌは
ましてや修道院に預けられてたときたら
こんなに恰幅良いはずもなくw

とは言え
ヴェロネーゼの作品はやはり
キリスト教やギリシア神話を主題としたモノが多く
テーマに沿った登場人物が描かれてて
相対的に肖像画は少なく
その中でも若い女性となると
これくらいしか該当するモノが見当たらず

まあ他のちょっと年上だろう女性の肖像画も
面立ちはどれも似通ってるので
当たらずとも遠からずかと思われ

ところでヴェロネーゼと言えば
Vert Veroneseと称する色があって
直訳すれば「ヴェロネーゼの緑」

高級ブランドのHERMESでも
このカラーが取り扱われてて
ファッション・デザイナーのマーク・ジェイコブスが
まさにこのバーキンを持ってた!

くすんだ緑、カーキぽい(てか、カーキ?!)

これより一段トーンが明るいVert Anisだと
全然ヴィヴィッドな印象になって
名だたるバーキン持ちのヴィクトリア・ベッカムが
目に眩しい黄色いコートに合わせてる

そういうワケで
Vert Veroneseがどんな色なのかは判明

今度はそのヴェロネーゼの緑が
いったいどの絵から派生したのか気になって
それらしい緑を用いた印象的な一作品があるかどうか
ググりまくるも該当作品は見当たらず・・・

但し
殆ど総ての作品で複数の人物を描いてて
登場人物1人1人の表情を引き立たせるためにか
背景に木々などを配してても
明るいトーンの緑でなく
アースカラーで描いてるってのはある

よって
まるでヴェロネーゼが背景に好んで使うような緑
なのか?(断言はせずにおくw)

カランダッシュの水彩色鉛筆に
ヴェロネーゼ・グリーンがあった!

水彩色鉛筆だとトーンがだいぶ明るめ!!

どうもヴェロネーゼの緑は
国(あるいは民族もしくは言語)による違いもありそうだw

最後はバルバロ邸のフレスコ画

ヴェロネーゼが手掛けてて
樹木が主役級に描かれてるので
ヴェロネーゼの緑を一通り堪能できるるる~